MENU

 暴力団風の厳ついその男が掴みかかってきたので、高校生の頃にやっていた柔道の技がつい出てしまいました。
軽く足払いを食らわして、男が倒れた隙にも相手の上を飛び越えて、猛烈な勢いでダッシュしていったのです。
素人だから受け身も取れないで、もんどりうって倒れているから、僕の事を追いかけてくる気力もないようでした。
夢中になって駅まで逃げ込んで、ホームに入ってきた電車に飛び込んでいました。
あれは一体なんだったんだ…息が切れてぜいぜいの状態で、何とか答えを出そうとしました。
人妻に手を出して、旦那にバレてしまったパターンなのか?しかし、そんなに都合よく旦那がそんなところにいるのか?とにかく分らないことだらけだったのです。

 

 翌日になって会社に出社して昨夜の出来事を同僚に話してみたのです。
すると呆れた顔をされてしまいました。
「それってさ、掲示板とかで知り合ったんじゃねえか?」
「うん、そうだけど」
「ははん、そいつはな古色蒼然とした美人局っていう手口だよ」
「美人局?そんなアナログなのが今でもあんのか?」
「お前、騙されたじゃんかよ(笑)」
同僚が言うには、これはよくある出会いの手口の一つだと言うのです。
こんな古臭い方法か平成の現代にも生き残っていたのかと、妙な関心をしてしまいました。
「出会いを探したいならさ、優良出会い系サイトのPCMAXにしてみなよ。
俺なんて安全にセフレ探すことが出来ているよ」
今まで全く知らなかったのですが、どうやらセフレ作りの達人だったようでした。
彼が言うには、誰もが評価をしているような出会い系サイトを利用すると、騙される心配なく本物のセフレと知り合うことが可能だと言うのです。
全くそんな知識がなかったから、驚かされるばかりでした。
その夜、酒に誘ってどのようにしたら良いのかなど、いろいろ聞き出すことに成功しました。
セフレ募集をするならPCMAXが一番のオススメ、有料サービスだけどその価値はしっかりとあると言うのです。